リフォームを狭山でするならエスジェイリフォーム

耐震診断の必要性



耐震診断とは来るべき大地震に備えて、建物が安全か安全でないかを調査する事です。

あなたのお家は大丈夫ですか?

耐震補強はお済でしょうか?
 
阪神愛震災の時には10万棟以上の建物が倒壊し、6千人以上が犠牲になりました。

その犠牲者のほとんどが倒れた建物の下敷きになって亡くなられています。

多くの建物が倒壊した原因は、建物を新築した時期の建築基準法に基づいて耐震設計がなされていますが、建築基準法は

昭和56年(1981年)に改定されており現行の新耐震設計法になっております。

それ以前の旧基準法で建てられた建物は現行基準に比べて耐震性能が劣ります。

現在でも昭和56年以前に建てられた現行基準を満たさない木造住宅は、約1000万戸(41%)、共同住宅で約150万戸(7%)あります。

地震は、いつ来るかわかりません。

一刻も早く耐震診断を行い、必要があれば耐震補強をすることをお勧めいたします。
>>『誰でもできるわが家の耐震診断』